IT技術が欠かせない現代

現代社会とIT技術とは、もはや切っても切り離せない関係になっています。
どんな業界であっても、ほとんど必ずと言って良いほどITの技術が用いられており、しかもITは今後もさらにその重要性を大きくしていくことが予想されているのです。
IT技術が時代と密接な関係にあるということは、それを担う人材の需要もより高まっていくということになります。

ただ日本のプログラマーの人口は決して多くありません。
さまざまな機関が統計を取っていますが、実際の人口については50万人にも満たないというのが実態なのです。
プログラマーをはじめ、IT関連の技術者は深刻な人材不足に陥っています。
これはIT業界における人材の需要と供給のバランスが損なわれているからです。
各方面で、IT技術の重要性が重くなっているにもかかわらず、激務であるイメージや薄給であるという認識によって、プログラマーなどの技術者を目指す人材が少なくなってしまっているのです。

一方、日本ではなくアメリカに目を向けると、IT関連の技術者の地位はアメリカの方が日本よりはるかに高いと言えます。
その平均年収は1000万円に迫るほど高まっています。
しかしそんな好条件でありながらも、技術者不足がアメリカでも発生しているのです。
労働人口を増やすためには、アメリカほどではないにせよ、より良い待遇を与えるしかないでしょう。
とりわけさまざまな局面で、IT技術が欠かせなくなっている現代において、プログラムを扱える人材はとても貴重な存在です。
そうした人材の人口減少は、ほとんど社会問題とさえ言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です